↓↓↓自動車高く売って希望の車を購入出来るのがこれ↓↓↓

かんたん車査定ガイド

セレナ モデルチェンジ 2016

2016年ついに日産セレナがモデルチェンジをしますね。今までのモデルチェンジはどんな感じで行われているのか見てみましょう。

最近のモデルチェンジは2013年にマイナーチェンジをされていますね。

その前は2010年にフルモデルチェンジ。

2007年にマイナーチェンジ。

2005年にフルモデルチェンジが行われていますね。これを見ると2007年のマイナーチェンジ以降は3年ごとにモデルチェンジをしているみたいです。

そしてついに2016年に日産セレナがフルモデルチェンジを行いますね。

それにこのモデルチェンジはとても重要になりますね。その他のメーカーが揃ってミニバンのハイブリッドを発売しているので日産セレナも・・・と思っていましたがそうはないらないみたいです。

ガソリン価格も落ち着いている今、ハイブリッドで勝負するのもメリットはありませんからね。それよりも今CMでも話題の自動運転技術をまずは搭載してくるみたいですね。これはこれで楽しみです。

セレナ モデルチェンジ 発表

新型日産セレナのモデルチェンジの発売日の発表は・・・まだみたいですね。

2016年の夏というだけで詳細がまだわかりませんね。7月になるか8月になるか・・・いつになるのでしょうか?発売日の発表以外は続々と詳細が出てきていますからね。注目は最新の移動運転システム。

これは気になりますもんね。

日産 セレナ モデルチェンジ

日産セレナのモデルチェンジの発売日がはまだ詳細がわかりませんが、機能についてはだんだんとわかるようになってきていますね。

現行セレナにはSハイブリッドシステムが搭載されていますが残念ながら今はそれでは他メーカーのミニバンにはストロングハイブリッドを搭載してきているのでどうしようもありませんからね。

新型セレナにSハイブリッドではなくストロングハイブリッドを搭載する・・・予定だったのでしょうが、今のガソリンの価格ではもうハイブリッドの恩恵も少なくなっていますね。

それでなくてもハイブリッドを搭載するのもミニバンの中でも最後になっているので出遅れている。

なのでハイブリッドで勝負をするのではなく、今CMで話題の自動運転技術を搭載してくるみたいですね。そのあとにハイブリッドを搭載したモデルも発売するみたいです。

その自動運転技術の名前は『パイロットドライブ1.0』というみたいですが、この技術は前の車が停止すると自車もストップ。ここまでは他メーカーでもありますがその後、発進をすれば自車も発進するというもの。

これだけでもドライバーにとってはとても助かりますよね。

セレナ モデルチェンジ 画像

そんな日産セレナですが肝心のフロント部の画像がまだ発表されていませんね。

噂ではフロントマスクはノートのようになるということも言われていますが、実際は発売されてみないとわかりませんね。今の流れではちょっと奇抜なデザインが好まれているのでしょうか?

どうなる!?日産セレナのフロントフォルム・・・

セレナ モデルチェンジ 価格

新型セレナがフルモデルチェンジを行うということですが・・・一番気になる部分は価格じゃないですか?私はこの価格が一番気になりますし、どうやって安く新型セレナを購入しようかと考えます。

ただ、発売当初の値引きは期待することは出来ませんよね。現行セレナの値引きがいくら40万とかされているからと言っても、そのままの値引きが適応されるわけがありませんから。

それでも安く購入する方法があったりしますもんね。その一つが『一括査定依頼サイトからの査定の依頼』。今ここからの愛車の査定が一番車を高く売る方法になるみたいです。

私が試した時には下取りでは10万でしたが、査定をしてもらって50万にまでなりました。

そんな一括査定依頼サイトも色々と増えてきているので私がおすすめするところをランキングにしています。特に入力がしやすく簡単に依頼することができるところを上位にしていますので参考になれば幸いです。

1位 かんたん車査定ガイド

詳しくはコチラから♪

私も使ったことがありますが、入力が凄く簡単で利用しやすいですよ。
すぐに概算価格も表示してくれるのも助かります。
入力は32秒で完了。最大10社からの査定依頼をすることができます。

詳しくはコチラから♪

2位 ズバット車買取比較

詳しくはコチラから♪

ズバットシリーズは広告もあるので知っている人も多いかも。
ここはカスタマーサポートがあるのでパソコンが苦手な人向けかも知れません。
こちらも最大10社からの査定依頼をすることができます。
入力は1分程度で完了。

詳しくはコチラから♪

3位 カーセンサー

詳しくはコチラから♪

カーセンサーも有名ですね。
中古車探しをしたことがある人は雑誌を購入したこともあるかもしれませんね。
最大30社からの査定が可能。
入力は3分と少し手間がかかりますが、この査定依頼数は魅力的です。

詳しくはコチラから♪

 

© 2016 セレナ モデルチェンジ rss